ガストロノミー.work

日本料理の次世代への継承と、更なる発展。日本料理を未来に繋ぐ。

【基本の和食】美味しい七草粥の作り方【生の米からお粥を作る】

スポンサーリンク

どうも、あとむら(@gastronomy_work)です。
1月7日は「人日(じんじつ)の節句」です。
人日の節句という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、七草粥を食べる日として定着していますね。

人日の節句、七草粥の解説は非常にわかりやすくまとめている方がいましたので、そちらをご参照ください。

参考サイト

お粥についての周辺知識

「お粥」の語源

元々、「かゆ」とは炊いた米の事を指す言葉でした。いわゆる、現代の「ごはん」です。
一方、蒸した米のことを「強飯(こわめし)」と言いました。これは現代でも「おこわ」という言葉で残っています。

炊き粥と入れ粥

生の米から作るのを炊き粥
一度炊いた米に水を足して作るのを入れ粥と言います。

一般的に家庭では「お粥」と言えば入れ粥のほうをイメージされると思います。
しかし、炊き粥のほうが米の旨味が凝縮されて断然美味しいです。

お粥の作り方

今日は炊き粥で七草粥を作ってみました。

お米の研ぎ方は普通に研いでもらって大丈夫です。

鍋に米1カップに対して水5カップを入れて火にかけます。

沸騰したら塩を一つまみ入れて、火を弱めて蓋をズラします。

そのまま30〜40分コトコトと炊けば、普通の炊き粥です。

今回は七草粥ですので、お粥を炊いている間に七草を水で洗って刻みます。

長時間火にかけると、緑色が飛んでしまいますので、火を止める5分前にお粥の中に入れます。
火が通れば、器に盛り付けて完成です。